事業資金の融資と不動産担保ローン

不動産を担保にしてローンを組む不動産ローンにはその融資の用途や内容によりいろいろな種類があります。

たとえば、フリーローンとして用途の制限がないものや事業に関してのみ利用できるものなどがあります、事業資金として必要な資金で利用する場合、不動産を持っていればとても有利な融資となるでしょう。

事業資金としては、その会社の決算書や実績報告、今後の事業計画などが必要になりますが、決算書だけでなく不動産担保に関わる情報も重視するため審査が通りやすくなります。

事業資金として必要な金額は、中小企業から大企業まで規模があり、100万円から2億円までという範囲で、現在利用しているローンをまとめて借り換えすることもできます。

所有している不動産は、自分名義のもの、会社名義のものでなくてもよいそうです。

資金繰りに悩んでいる事業主の方にとって救いの方法だと思います。