不動産担保型生活資金について

不動産担保型生活資金というものがあります。

これは、今現在住んでいる住居用の不動産を所有し、将来にわたって住み続けることを希望する高齢者や保護を必要とする高齢者世帯に対し、その不動産を担保として生活費の貸付を行う制度です。

たとえば年金が少なくそれだげでは生活ができない、という場合には持ち家と土地があればこの制度を活用できます。

この制度により世帯の自立支援を図っていくという目的があります。

貸付の対象となる世帯には、不動産に貸借権等の利用権や抵当権等の担保権が設定されていないこと、世帯に住んでいるひとが65歳以上であること、その他などの制限があります。

不動産担保型生活資金は、貸付限度額は土地評価額の7割を標準として設定されており、年利3%もしくは毎年4月1日時点の銀行長期最優遇貸出金利のいずれか低い利率を基準とすることになっていて、かなり有利に借入することができます。